競馬予想サイトは評価の高さで選ぶ|情報を駆使して輝く未来をGET

競馬

プロに学ぶ勝敗予想

意外と難しい複勝馬券

競馬

ある馬券予想家のプロが書いた本に、複勝馬券を1日全レースで各1頭ずつ購入し、収支がマイナスにならなければ競馬で利益を出せるセンスがあると書かれています。実際、複勝馬券は簡単なように思います。3着までに来る馬を各レースで1頭見つければいいので、ほとんどのレースで的中できそうだと普段こういった買い方をしない人はイメージとして持っています。しかしこれは実際にやってみると非常に難しいのです。仮に自分で予想せず、全レースで1番人気馬の複勝を買うと、60パーセントの確率で当たります、これは競馬が始まって以来の蓄積データのパーセントです。ただし、1番人気馬の複勝平均配当が130円しかないので、これだとマイナス収支になるのです。

1番人気以外を買うと的中率が下がります

このような事実の元、2番人気以下を予想に含めていかねばなりません。毎週競馬をしていると、2番人気馬も結構強いイメージがあります。特には断然の一番人気馬を負かせて1着になることもあるのですが、これも長い間の統計からいくと1番人気馬と同様に全部買うと複勝でマイナスになります。1番人気馬より平均配当は上がるものの、その分的中率が下がるのでトータルの回収率は100パーセントを超えないのです。こうやって考えると、競馬で複勝馬券で収支を黒字にするのも結構難しいということが言えます。全レース購入せず、予想して自信のあるレースの複勝のみ買い続けて、終始100パーセントを維持することに挑戦してみると馬券力向上に繋がるのです。